「お心付け」システム

当店では、修理そのものだけでなく、機器やアプリの使い方、それに付随する雑多なご相談等にもできるだけ対応するよう心がけております。

「聞ける人が近くにいない」「調べ方が分からない」という事でご相談に来られる方もいらっしゃいます。

当店ではそのような(比較的簡易的な)ご相談について、決まった料金設定を行わず、お支払するかしないかを含め「お客様におまかせ」しております(所謂“お心付け”的システム)。

理由は主に下記の二点です。

①比較的簡易的なご相談は、人によって価値(ありがたみ)が大きく異なりがち
→例えば相談後に「今回のご相談料は2,000円です」と言われて、内心「(えっ…ちょっと高いな…)」となる方もいらっしゃるでしょうし、「そんな安くていいんですか?」と仰る方も実際にいらっしゃいます。

②雑多なご相談は、細分化するとキリがなくなりがち(ついでにこれも聞いておきたい…という場合、いちいち料金加算されては聞きにくい)
→パソコンやスマートフォンなどを取り巻く疑問・質問は意外と多岐に渡り、やり取りの中で更に派生していくことも珍しくありません。よくある質問だけで終わることはそんなに多くないかも。

「時間制にすれば良いのでは?」というお声もあると思いますが、「早く解決できた」方が低額で、「解決に時間がかかった」方が高額になるのは逆と考え、不採用としました。

お客様がどれだけ満足してくれたのかは、お客様によってまちまち。
ならいっその事お任せした方が、お客様にも納得してお支払頂けますし、私もその方が気持ち的にも楽なのでWin-Win!といった具合です。

究極を言えば、すべてのサービスを言い値でご提供する事になってしまいますが、流石にそれではお客様にとって利用し難く、商売としても成立しないため「簡易相談のみ」このような方式を取らせて頂くことにしました。

とはいえ「いくら払ったら良いのかわからない…」という方もいらっしゃるかと思います。
そういった場合は他のお客様がお支払くださっている金額の目安をお伝えしておりますし、あまり深く考えずお支払頂けたら幸いです(日本はチップ文化が無いから難しいですよね)。

より良い方法が見つかったら変更するかもしれませんが、当面はこのスタイルで行きますので、よろしくお願い致します。

更新日:

Copyright© デジタル救命 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.