修理作業日記

MacBook Air 13" Early 2014 キーボード交換

更新日:

キーボードの一部キーが反応しなくなってしまったというご相談。
PRAMクリアSMCリセット等試してみても変化は見られず。

分解して中を見てもパッと見で異常はなく、水没等も特に無いとの事でしたので、フラットケーブルの内部断線でしょうか?

キーボードの故障では、多くの場合ユニットごと交換になるため、まずはオリジナルのキーボードユニットを取り外します。

 

MacBookシリーズの場合は一般的なWindowsノートと異なり、メイン基盤(ロジックボード)も全て取り外した後、ようやく最後に取り外し可能になります。

MacBookには照度センサーが付いており、暗い環境で使用する際にはキーが光りますが、これに必要なバックライトシートなども丁寧に剥がし…


(分かり難いですが、キーボードをくり抜いた裏側です)


このように取り外します。

尚、取り外す際には結構力を入れて作業する必要があり、画像下のように取り外した後のユニットは湾曲してしまいます。

あとは、新品のユニットを取り付け、逆の手順で元に組み戻し、動作確認をして完了です。

-修理作業日記

Copyright© デジタル救命 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.