修理作業日記

外付けHDDデータ救出

投稿日:

動かなくなった外付けHDDからデータ救出のご依頼です。
電源アダプタを挿しても通電しない症状です。


所謂オーソドックスな1ドライブタイプですね。
通電しないという事は、ケース内蔵のUSB変換基盤がおかしいかな?
ということで、まずは筐体を分解し、中身のHDD本体を取り出します。

 


これがなかなか硬い!
元々外付け用として販売されているものは、分解を前提とした設計ではありませんので大体こんな感じです。


なんとか開封成功です。

点検してみたところ、USB変換基盤ではなく、HDD側の制御基板部分が何らかの理由でショートしたと思われる状態。
こういった場合は制御基板を交換することで、データを救出できる可能性があります。
早速型番が同じで、製造年月が近いドナーHDDを探します。


幸運にも翌月生産のものが手に入りました!


この緑の基盤を移植します。

結果、見事スピンアップに成功!
データも問題なく救出できました。

思い出の写真などがたくさん詰まっていたとの事で、お客様にお喜び頂けて何よりでした。

このような症状でお困りの際は是非ご相談くださいね。

-修理作業日記

Copyright© デジタル救命 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.