修理作業日記

iPhone 5s 水没修理

投稿日:

iPhone 5sが水没したとのご相談です。

バッグの中で酒瓶のフタが開いて、一緒に入っていたiPhoneにも浸水してしまったとの事。

見たところまだ動作はしているものの、タッチパネル操作が一切効かない状態です。

さっそく開けて中を確認すると…

見事に浸水しています。

ロジックボードを外して、まずは見える範囲の水分を拭き取ります。

当然ここで終わりではありません。

基盤は銀色のプレート(EMIシールドと言います)で覆われていますが、これを剥がさないとプレート内側の浸水箇所をクリーニングできません。

iPhone修理業者さんの中には、これらを剥がさずに超音波洗浄機のみでクリーニングする業者さんもいるようですが、それを使うにしても剥がした方が確実だと考えます。

プレートははんだで固定されているので、ヒートガンを使用して剥がします(熱し過ぎ注意)。

プレートを剥がし、クリーニングした状態です。

この状態で動作確認したところ正常にタッチ操作できるようになっておりましたので、プレート含め元に戻していきます。

ちなみに液晶パネル側にも、ご覧の通り水分が残っていました。

液晶下部に浸水痕が残ってしまっておりましたが、操作に支障はないため今回は交換ご不要との事でしたので、見える範囲の水分のみ除去してご返却しました(液晶内部の浸水痕除去は困難です)。

ただし、一度でも水没した端末は動作保証をお付けする事が出来ません
今回のように復旧しても、またいつ動かなくなるか分からないからです。

ですので安心せず、動いているうちに出来るだけ早くバックアップを取って頂くことが何よりも肝心ということですね。

端末は買い直せますが、思い出は買い直せないのです…

-修理作業日記

Copyright© デジタル救命 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.